Children of the discordance

デザイナー・志鎌英明自身が体現してきたユースカルチャーやヴィンテージウェアへのバックボーンを独自のアプローチでコレクションとして形成。 ブランド名の「Children of the discordance」には、10代の頃からずっと抱いていた「流行、社会、時代の流れに調和しない、自分たちだけのスタイルを守りたい」という思いが込められています。
166件の商品がございます。